最近前よりも保険をマスターした私が保険について語る

保険のホの字も知らなかった私だけど最近どうかと言えば、以前よりもややその知識を蓄えてきているように思える。そしてせっかく習得したひとつの知識だし、この際アウトプットしてみようと思った。インプットしたことはアウトプットすればするだけ身に付くとか言うしね。

ちなみに紹介する保険は、緩和型医療保険ってやつに的を絞ってみようと思う。緩和型医療保険というのは「ガンでも入れる保険」とか「持病でも入れる保険」とか言われている病気や持病でも入れる保険のこと。

ここでは最近そんな保険に興味を持ってきた私が忘れない為のメモみたいな感じも含めつつ、保険について紹介してみたいと思っているよ。

保険について紹介するよ

そんじゃ早速だけど保険について書いていこうと思う。

まず最初に、保険とは一体何かってところから軽くいってみよう。そんなこと知っているからもう良いって場合は、この辺飛ばして読んでもらってOK。

保険とは一体何?

保険は簡単にいうと、たくさんの人がお金を出し合って、いざという時にそこから必要なお金を使える制度。お互いに協力しあって成り立つ、相互扶助制度ってことかな。

保険に加入している人みんなで協力してお金を集め、困った人が出てくればその人に必要なお金を振り分けますよって感じ。例えば、入院とか手術をする時とかね。

それぞれが出すお金の金額や給付される金額は予め決められているのが一般的で、各保険会社が設定している月々の保険料や入院給付金や手術給付金などがこれになる。

困った時はお互い様というわけね

 

緩和型医療保険とは

保険といっても色々あるけど、その中にここでも的を当ててみようと思っている緩和型医療保険がある。

これは最初の方で説明したように、ガンでも入れる保険や持病でも入れる保険というもの。それから既往症があっても入れる保険としても知られている。まさに今病気をしているって場合や持病があったり、今はもう治っているけれど過去に手術をしたり病気にかかった事があるという場合でも入れる保険ってことだね。

ちなみに正式には緩和型医療保険ではなくて、「引受基準緩和型医療保険」という。

緩和型医療保険

比較やランキングで緩和型医療保険を見てみる

ガンでも入れる保険や持病や病気でも入れる保険と言われる緩和型医療保険といっても、たくさんの保険会社が引き受けている。

ちょっとネットで調べてみただけでも何十件とブラウザ上に出てくる光景は、もう経験済みって方も多いはず。

1つ1つ見るのも良いと思うんだけど、時間もかかるし疲れるしでウンザリするのはもう目に見えているといっても良い。そこでやっぱり役立つなあって思ったのが、ランキングサイトや保険の相談ショップや窓口なんかだよね。

私のようにあまり保険の知識がなかったり迷ったりしつつ緩和型医療保険を探しているなら、最初はランキングサイトを参考にするの良いかもしれない。ネット環境さえあれば、パソコンやスマホから色々な保険の比較がまとめてチェックすることができて、ざっくり知るにはとっても便利なんじゃないかな?

そして、ショップや窓口に行けばそこでは保険のプロに直接相談することができる。

この相談は無料でできるのがほとんどで、「どんな保険があるのかな?」なんて気軽に立ち寄るのもOKだ。(飲み物を出してくれたり、保険の基礎について教えてくれたりと何かと便利。)

予め自分である程度調べたり目星をつけておいて、それについて相談するという利用方法ももちろんできるよ。

二人の女性のイラスト

いずれにしても、自分だけの判断では保険が決められない、って時にはランキングサイトや相談に向かう方法などは覚えておきたいところだね。

また、緩和型医療保険の比較とかランキングを見ると、まずCMやネットで馴染みのあるような大手の保険会社も結構多いことに気がつくと思う。月々の保険料も保険会社やプランによって3.000円とか6.000円と様々。

これを高いと感じるか安いと感じるかも色々だとは思うけど、支払う保険料によって保険の良し悪しが決まるというわけではないので、値段だけでなくて色々な角度からサービスをチェックするのがポイントだと思う。ということで、ここからは保険会社を4つピックアップして紹介してみようと思う。

①持病がある方も安心みんなのほすピタる【アメリカンホーム】

言わずと知れた有名な保険会社。

プラン・保険料

医療保険・がん保険

医療保険は「持病がある方も安心みんなのほすピタる(お手軽コース・標準コース・充実コース)」に加えて「持病がある方も安心みんなのほすピタる 保険料から選べるタイプ(4.000円コース、5.000円コース、6.000円コース)」の2種類。がん保険は「がん経験者のためのがん保険」、「継続入院時の一時金に補償を絞ったがん経験者のためのがん保険」の2種類ある。

「保険料から選べるタイプ」

健康に関する3つの確認事項すべてが「いいえ」なら、お申込みできます。年齢・性別にかかわらず(※2)保険料月々4,000円です。(4,000円コースの場合)

「がん経験者のためのがん保険」

健康に関する4つの確認事項すべてが「いいえ」なら、お申込みできます。がんの再発も補償します。(※)がんの入院・手術と、がんの退院後の通院に備えられます。

参照:持病がある方のための保険 | アメリカンホーム・ダイレクト

保険料一例

「満年齢30歳男性」

・お手軽コース…2.088円/月
・充実コース…6.960円/月

「満年齢30歳女性」

・お手軽コース…2.142円/月
・充実コース…7.140円/月

保険期間

・終身型

加入可能年齢

・満30歳~80歳まで

告知事項(医療保険の場合)※以下に該当しなければ申し込み可能

告知項目(1)

最近3ヶ月以内に医師による検査または診察により、入院(※1)または手術をすすめられたことがある。

告知項目(2)

過去1年以内にケガや病気で入院(※1)したこと、または手術を受けたことがある。(正常分娩は除く)

告知項目(3)

過去5年以内に、がん(※2)または肝硬変と医師に診断されたことがある。あるいは過去5年以内に、がん(※2)で入院(※1)したこと、または手術を受けたことがある。

参照:持病がある方も安心 みんなのほすピタるTOP (特長)

給付金の一例

・入院…5.000円/1日
・手術(水晶体再建術)…5万円/1日

②【もっとやさしいEVERベースプラン】(アフラック)

アヒルで有名な保険会社。

プラン・保険料

・ベースプラン、スタンダードプラン
・ベースプランは通院保証なし、スタンダードプランは通院保証あり

保険料一例

「満年齢30歳男性」

・ベースプラン…2.940円/月
・スタンダードプラン…3.669円/月

満年齢30歳女性

・ベースプラン…3.325円/月
・スタンダードプラン…4.222円/月

保険期間

終身型

加入可能年齢

満30歳~85歳まで

告知事項※該当しなければ申し込み可能

告知項目(1)

現在入院中ですか?または過去1年以内に入院(注1)・手術(注2)・先進医療(注3)・検査(注4)をすすめられ、現在、診療完了していないものはありますか?

告知項目(2)

過去2年以内に別表Aの病気で入院をしたことがありますか?

告知項目(3)

過去5年以内に別表Bの病気や異常で医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがありますか?

参照:もっとやさしいEVER(エヴァー)

給付金の一例

・入院…5.000円/1日
・手術(入院あり)…5万円/1日

③【スマイルメディカルワイド】(朝日生命)

設立が1888年、明治時代という古い歴史をもった朝日生命から誕生した緩和型医療保険。

プラン・保険料

・入院給付金日額3.000円~10.000円のうち1.000円単位で選択

保険料一例

「満年齢30歳男性」

・入院給付金日額5.000円の場合+医療費充当給付金(一時金)10倍(5万円)の場合・・・3.378円/月
・入院給付金日額10.000円の場合+医療費充当給付金(一時金)10倍(10万円)の場合・・・6.573円/月

「満年齢30歳女性」

・入院給付金日額5.000円の場合+医療費充当給付金(一時金)10倍(5万円)の場合・・・3.328円/月
・入院給付金日額10.000円の場合+医療費充当給付金(一時金)10倍(10万円)の場合・・・6.473円/月

保険期間

・終身型

加入可能年齢

・満20歳~80歳まで

告知事項※該当しなければ申し込み可能

告知項目(1)

最近3か月以内に、医師・歯科医師から、入院治療※1、手術※2もしくは放射線治療をうけるようにすすめられたことがありますか?または最近3か月以内に、医師・歯科医師から、治療方法のひとつとして入院治療※1、手術※2もしくは放射線治療の説明をうけたことがありますか?

告知項目(2)

過去2年以内に、入院治療※1、手術※2または放射線治療をうけたことがありますか?

告知項目(3)

今までに、公的介護保険制度※3の要介護・要支援の認定をうけたことがありますか?

参照:スマイルメディカル ワイド|朝日生命|保険比較の保険市場

給付金の一例

・入院…5.000円/1日

④【思いやり医療保険】(チューリッヒ生命)

プラン・保険料

・入院給付金日額5.000円、入院給付金日額10.000円

保険料一例

「満年齢40歳男性」

・入院給付金日額5.000円…4.310円/月
・入院給付金日額10.000円…8.620円/月

「満年齢40歳女性」

・入院給付金日額5.000円…3.765円/月
・入院給付金日額10.000円…7.530円/月

保険期間

・終身型

加入可能年齢

・満40歳~80歳まで

告知事項※該当しなければ申し込み可能

告知項目(1)

最近3ヶ月以内に医師による検査または診察により入院または手術をすすめられたことがありますか。

告知項目(2)

過去2年以内に病気やケガで入院をしたこと、または手術を受けたことがありますか。

告知項目(3)

過去5年以内に、次のいずれかに該当したことがありますか。
Aガン※または肝硬変と医師に診断されたこと
Bガンで入院したこと、またはガンで手術を受けたこと
※ガンとは、悪性新生物・上皮内新生物・肉腫・白血病を含みます。

参照:思いやり医療保険(終身タイプ) | チューリッヒ生命

給付金の一例(入院給付日額5.000円コース)

・入院(ケガ)…5.000円/1日
・手術…5万円/1回

まとめ

保険を語る
緩和型医療保険といってもこんな感じで会社やプランによって色々とある。そして気がついたかと思うんだけど、緩和型医療保険は健康状態に不安があっても告知事項と呼ばれるリストをクリアすれば保険に加入できるのが特徴。だから、ガンでも入れる保険とか、病気や持病でも入れる保険と言われているんだね。

告知項目の数は、3つ~4つが一般的かな。内容は「過去◯年以内に病気やケガをしていないか~」等、◯年や◯ヶ月と遡った時の病気や手術歴、健康状態等が問われる。この遡る時間も保険会社によって色々だけど、過去の入院や手術の経験に関しては過去2年以内に絞っているところが多いかもしれない。

でもアメリカンホームの持病がある方も安心みんなのほすピタるのように、「過去1年以内」と1年短めに設定している保険会社もある。また、5年以内のがんによる手術や入院、糖尿病の合併症の経験などを告知項目に設定している保険会社が目立つなか、その項目を問わない朝日生命のメディカルスマイルワイドなんかもある。加入のポイントとなる告知項目も、このように保険会社によって様々なのだ。

告知項目は保険会社によって様々

病気や持病だからといって保険の加入を諦めているなら、まだ早い。

一般的な保険は持病があったり病気をしていたりすると、なかなか加入するのが難しい。でもだからといって、それに該当する人は保険に入れないとなるとちょっと不公平すぎる。そこで緩和型医療保険という心強い保険があるのだ。

とはいっても、病気や持病があっても入れる保険やガンでも入れる保険と聞いても、かつての私はいまいちピンとこなかったのが正直なところ。なにしろ保険なんてお金を払えば無条件に入れると思っていたからね。

でも先程も話したように、この保険がある限り病気や持病があるからといって保険の加入を諦める必要はない、ってことは十分に理解できた。

今となれば加入には条件があることも知ったし、ここで語ってみた緩和型医療保険のように持病や病気してても入れる保険があるってことはとりあえず理解できている…はず。「おいおい、今頃かよ~」という声が聞こえてきそうだけど、まあ同じような人も居るかと思うから、保険のことや緩和型医療保険について気になるって人はここをチェックしてみてみてはどうかな?

諦めるのはまだはやい

病気や持病について

ちなみに、持病でも入れる保険の「持病」や「病気」は本当に色々なものを指している。

例えば日本では130万人程の患者がいると言われている「脳卒中」や、習慣生活病のひとつとして知れわたっている「心筋梗塞」もこれにあたる。

同じく生活習慣病に含まれている「糖尿病」もそうだし「高血圧」、「慢性肝不全」もそう。それから、「うつ病」や「統合失調症」なんかの精神疾患も加入できる対象になるからね。

病気や持病でもはいれる…とはいっても、自分が患っている病気もその対象なの?と不安になる人もいると思うよ。

一般の保険は、こういった状態だと加入が難しくなるのがあたりまえということもあって、病気や持病でも入れますと言っていても、いざ加入するとなれば断れるんじゃなんて半信半疑になってしまうかもしれない。

ということで、以下ではそんな病気や持病についてや、それぞれが入れる保険のことについて紹介しているリストをピックアップしてみたよ。

こんな病気でも保険に入れる?って疑問や、病気そのものについて改めて知りたいといった方は、チェックしてみてはどうかな?

病気や持病のこと、入れる保険についてチェックしよう

こんな病気は保険に入れる?病気について知ろう!

男女関係なく患う病気のことや保険の加入について

うつ病などの精神疾患と保険の加入について

糖尿病や保険の加入について

女性特有の病気と保険について

男性特有の病気と保険について

癌(ガン)でも入れる保険

ガンでも入れる保険というのは、文字通りガンでの入院や治療経験等が過去に有っても入れる保険かな。

ガンといっても乳ガン、肺ガン、胃ガンなどと色々あるよね。ガンの状態や保険会社の条件などによって必ずしも入れるとは限らないけれど、一般の保険と比べるとそういった心配毎をしなくても加入ができるのがこの保険。

ガンの治療費用が高いと言われているのは、この病気が入退院を繰り返すことや、治療費がどうしても高くなってしまう抗癌剤などが必要となるケースがあるから。

万が一再発した時にはこういった治療費が必要になってくるケースもあるわけで、こういった時にこの保険は治療費の負担を軽減する為にもとても頼れがいがあるものなんだ。

ガンの関連記事

加入できるかどうか不安ならば一度チェックをしよう

緩和型医療保険っていうのは、ここまでお話したように、ガン、持病、病気などによって健康状態に不安がある人の為に誕生した保険だ。

みんながみんな、「病気を患っていたり持病があると保険に入れない」と思っているわけじゃないけれど、もしも「自分は保険に入れるのだろうか」、「健康状態に合ったピッタリな保険ってどれなんだろう」などなど思っているなら、病気や持病でも入れる保険、ガンでも入れる保険と言われている緩和型医療保険に着目してみてほしい。